ようこそゲストさん
サイトマップ  |   ログイン パスワード   |   新規登録はこちら  
メインメニュー
サイト内検索

NIBB Open Campus

TechDiv 掲示板
TechDiv 掲示板は、日常の業務で困った点を相談したり、こんな工夫をしてみた等の情報を交換し合う場です。また業務以外にも交流の為の場も、設けてあります。是非ご活用下さい。登録ユーザなら誰でも参加できます。(ゲストの方は閲覧のみです)
[TechDiv 掲示板TOP]

植物栽培、圃場管理

圃場管理、温室管理、植物の栽培

1: PAM-2100(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 

1 PAM-2100
kyamaguc
投稿師

山口勝司 2006-4-28 18:54:19  [返信] [編集]

人工気象室にクロロフィル蛍光測定装置のPAM-2100が入りました。
本来、担当者が書くことかもしれませんが、自分の方が詳しいと思うので書いてしまいます。
クロロフィル蛍光は植物に光を当てた時にクロロフィルから出るものです。
ここで難しい話をするつもりはないですが、簡単に書くと植物は受けた光のうち、光合成を含む光化学系に利用できるものはほんの一部です。
他は熱放散と蛍光に変換されてしまいます。熱放散は植物をしばらく暗処理しておくと、限りなく0になるので、そういう葉を使えばクロロフィル蛍光を測定することで、植物が如何に有効に光エネルギーを光合成(正しくは光化学系の電子伝達)に使えているかが分かるわけです。
植物がストレスを受けたり、元々変異体で光合成系の一部がおかしかったりすると、クロロフィル蛍光のチャートから何処がおかしいのか、だいたい分かるのです。

で、このPAM-2100はそれを解析するのに、なかなか良い機器なのです。自分も早速使ってみようと目論んでいます。
クロロフィル蛍光(光合成全般も書いている)に関する基本的な説明は、以下のWEBサイトあたりが良いのではないかと思います。
東大の園池先生のWEBサイトです。
http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/sonoike/keikou.htm
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 

BluesBB ©Sting_Band
ゲストの方へ
 TechDivWebは、基礎生物学研究所技術課の紹介だけでなく、生物学をメインに広く技術に興味をお持ちの方を対象とした交流、情報交換を目的とするポータルサイトでもあります。
 ゲストでは書き込みできず、ご覧になれないコンテンツもあります。是非ユーザ登録し、我々のコミュニティにご参加ください。登録は上の「新規登録はこちら」をクリックしてください。
 登録の方法は、ユーザ登録マニュアルをご覧下さい。


本ホームページ内の文章・画像については、RSS以外の無断転載を禁じます。
当サイトへリンクをされる方は、なるべくお問い合わせからご連絡下さるようお願いします(クロスリンク等の対応を致します)。
Powered by XOOPS 2.0 (c) 2001-2006 The XOOPS Project
最近の投稿
トピックメニュー
Copyright (C) Technical Division of NIBB. All rights reserved.
Nishigonaka 38, Myodaiji, Okazaki 444-8585 Aichi, Japan