ようこそゲストさん
サイトマップ  |   ログイン パスワード   |   新規登録はこちら  
メインメニュー
サイト内検索

NIBB Open Campus

概要と沿革

技術課は所長に直属した技術者の組織で,専門技術を通して,研究所における研究活動を支援している。全ての技術職員は技術課に所属しているが,日常は研究施設又は研究部門へ配属されて技術支援業務を行っている。平成3年より定員削減により漸次技術職員が減っているが,平成9年から技術支援員を採用し,特に研究施設系で技術職員と共に研究支援に重要な役割を担っている。技術課は所長に直属した技術者の組織で、研究所における研究活動を専門技術を通 して支援している。

技術職員は研究施設においては,各種分析機器の保守・管理及び測定, ラジオアイソトープ施設の管理,大型スペクトログラフ及びレーザー照射設備の管理、コンピュータネットワーク及び生物データベースの構築や維持管理,実験動植物の飼育、栽培や施設の管理を行っている。また,研究部門においては,研究者のもとで,実験材料の調製,蛋白質等の精製及び分析,遺伝子の解析,形態観察,形質転換生物の作成,細胞・組織の培養等を行い,幅広い,高度な技術を通して研究を支援している。また,研究所共通の機器や室の保守・管理等の研究支援も行っている。

技術課は,業務を円滑に遂行し,技術の向上を図るために下記の活動を行っている。

  1. ミーティング:毎週月曜日に課長から教授会議,各種委員会等の報告を受け,課の運営を議論し,日常業務の連絡や技術的な情報交換を行っている。
  2. 課内セミナー:毎週,ミーティング終了後,各自の携わっている日常業務に関する技術について,まとめ, 発表し情報交換を行うことにより相互の技術交流を深め,知識の向上に努めている。
  3. 課内研修:専門技術の幅を広げるため,新しい技術の取得を目的に,相互に技術情報の交換,各種機器の操作法や,実験技術の実習等を行う。より専門的な技術習得を目的とする,外部講師等を招いた技術研修も企画する。また,業務を遂行する上で必要な安全教育も行う。
  4. 生物学技術研究会:他大学及び研究機関等の生物学の研究分野に携わる技術系職員との技術の交流や情報交換を目的に,毎年「生物学技術研究会」を開催している。日常関わっている幅広い技術活動での成果や問題点を発表し,討論することにより技術の向上に努めている。

 

平成22年度は,平成23年2月17日〜18日に,当研究所技術課主催の「第22回生物学技術研究会」と,隣接の生理学研究所技術課主催の「第33回生理学技術研究会」を合同開催した。全国から100名を越える参加があり,活発な技術交流が行われた。両研究会の合同開催は平成13年度から行っており,生物系技術分野における共通技術で,一層幅広く交流できることで好評である。この研究会の報告は,「生物学技術研究会報告第22号」と「生理学技術研究会報告第33号」の合併号として出版された。


プリンタ出力用画面
ゲストの方へ
 TechDivWebは、基礎生物学研究所技術課の紹介だけでなく、生物学をメインに広く技術に興味をお持ちの方を対象とした交流、情報交換を目的とするポータルサイトでもあります。
 ゲストでは書き込みできず、ご覧になれないコンテンツもあります。是非ユーザ登録し、我々のコミュニティにご参加ください。登録は上の「新規登録はこちら」をクリックしてください。
 登録の方法は、ユーザ登録マニュアルをご覧下さい。


本ホームページ内の文章・画像については、RSS以外の無断転載を禁じます。
当サイトへリンクをされる方は、なるべくお問い合わせからご連絡下さるようお願いします(クロスリンク等の対応を致します)。
Powered by XOOPS 2.0 (c) 2001-2006 The XOOPS Project
新着リンク
Copyright (C) Technical Division of NIBB. All rights reserved.
Nishigonaka 38, Myodaiji, Okazaki 444-8585 Aichi, Japan